• ベオーバ錠50mg
  • 高リン血症治療剤 ピートル情報サイト
  • 潰瘍性大腸炎治療剤 レクタブル2mg注腸フォーム14回
  • サビーン点滴静注用500mg
  • KISSEI GALLERY.com
  • リザベン点眼液0.5%

公開日

ヘッドライン

公開本数17本

 

2020.02.06

デジタルCBTは妊婦の睡眠を促進し、不安やうつ病を軽減する

不眠症に対するデジタル認知行動療法(CBT-I)は、標準治療と比較して、妊婦の不眠症を軽減し、不安および抑うつ症状を改善することが、新規の無作為化対照試験から示されている。...続きはこちら

Journal JAMA Psychiatry, online January 22, 2020.

 

2020.02.06

コロナウイルス感染が疑われる中国人患者が帝王切開で出産

中国人医師らは、アウトブレイクの中心である武漢市において新型コロナウイルス感染が疑われる中国人女性から男児を無事に帝王切開で出産させた。...続きはこちら

 

2020.02.06

超高感度AMHアッセイによって最終月経期の予測が可能に

超高感度抗ミュラー管ホルモン(AMH)測定値は、女性の年齢と共に、最終月経期(FMP)までの期間を正確に予測する可能性がある、と研究者らは述べている。...続きはこちら

Journal Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, online January 22, 2020.

 

2020.02.06

胎児のタバコの煙への曝露は小児乾癬リスクに関連

妊娠中に喫煙をしていた女性から生まれた児での乾癬リスクが上昇していることが新規研究から示唆されている。...続きはこちら

Journal Journal of the American Academy of Dermatology, online January 20, 2020.

 

2020.02.06

木材燃焼煙、交通煤塵への曝露は早期妊娠高血圧腎症リスクを増大させる

低レベルの大気汚染であっても早発型妊娠高血圧腎症リスクが増大することが、新たな研究結果から示唆されている。...続きはこちら

Journal Hypertension, online January 6, 2020.

 

2020.02.06

流産後の女性はInstagramに救い、感情のはけ口を求める

女性は流産を乗り越えるため、画像共有プラットフォームであるInstagramを、苦悩および他の感情を表現し、同じような喪失感を味わった他者とつながるための方法としても利用している、と研究者らは述べている。...続きはこちら

Journal Obstetrics & Gynecology, online December 3, 2019.

 

2020.01.24

大気汚染の子宮内曝露は小児期のHbA1c値に関連

子宮内で大気汚染に曝露した小児は、同曝露のない小児よりも小児期の血糖値が高い場合がある、と微粒子汚染が糖尿病の環境リスク因子となる可能性があることを示唆する研究が示している。...続きはこちら

Journal JAMA Network Open, online December 18, 2019.

 

2020.01.24

インフルエンザで入院した妊婦において早産が増加

高所得国においてインフルエンザで入院した妊婦における早産率がかなり高いことが明らかになった、と国際的な研究者グループが述べている。...続きはこちら

Journal Journal of Infectious Diseases, online December 26, 2019.

 

2020.01.24

万全のクリニカルパスによりRA患者の妊娠アウトカムは向上

万全のクリニカルパスを順守することで、女性関節リウマチ(RA)患者も一般集団の女性と同程度の妊娠アウトカムを得ることが新規研究結果により示された。...続きはこちら

Journal Arthritis Care & Research, online January 7, 2019.

 

2020.01.23

疾患活動性と治療のデ・エスカレーションは出産後のIBD再燃リスクに関連

炎症性腸疾患(IBD)の女性は1/3の確率で出産後に疾患再燃を経験することを、新規所見が示している。...続きはこちら

Journal Inflammatory Bowel Diseases, online January 2, 2020.

 

2020.01.23

妊娠中の精神的苦痛はCHDの胎児の脳発達に有害

精神的(心理的)苦痛は先天性心疾患(CHD)の胎児を妊娠している妊婦においてよく見られ、胎児の脳発達障害と関連していることを、新規研究が示している。...続きはこちら

Journal JAMA Pediatrics, online January 14, 2020.

 

2020.01.16

中年期の持続的な体重減少で乳がんリスク低下の可能性

50歳超の女性ではわずか4ポンド(1.8kg)の減量と減量維持で乳がんリスクが低下する可能性があることが、新規研究から示唆されている。  ...続きはこちら

Journal Journal of the National Cancer Institute, online December 17, 2019.

 

2020.01.16

後期早産児であってもチャイルドシートで呼吸障害を起こす可能性

チャイルドシートに着座させた場合、ほんの1週間または2週間早く生まれた乳児は、さらに早く生まれた乳児が直面する障害と同様の呼吸障害に至る可能性がある、と新規研究で示唆されている。...続きはこちら

Journal Pediatrics, online December 20, 2019.

 

2020.01.16

金銭的刺激?Bank of Englandによると低金利は出生率の上昇を意味する

金利の引き下げが刺激するのは単に経済だけではないように思われる 世界的な金融危機の最中にBank of England(BoE)中央銀行が借入費用を削減した後の2009年に生まれた新生児の数は14,500人多かった、とBoEの研究者らは述べている。...続きはこちら

Journal Bank of England Staff Working Paper No. 835, online December 20, 2019.

 

2020.01.16

環境汚染物質のレベルが低くても胎児発育が遅延する可能性

環境で数十年間にわたって残留している汚染物質は、胎児発育に影響を与える可能性があることが米国の研究で示唆されている。...続きはこちら

Journal JAMA Pediatrics, online December 30, 2019.

 

2020.01.16

ティーンエイジャーによく見られる重度の月経出血は総合的な治療が必要

重度の月経出血は青年期の女子によく見られる問題であり、時宜を得た診断および適切な治療を進めるための総合的なアプローチが必要である、とJAMA Pediatrics誌に掲載された同テーマのレビューの著者らは述べている。...続きはこちら

Journal JAMA Pediatrics, online December 30, 2019.

 

2020.01.16

低体重出生であることの肺転帰は成人まで継続する

出生時に極低出生体重(VLBW)であった成人は、満期で生まれた人よりも肺機能が低下している傾向が強いことが、ニュージーランドでの調査で示されている。...続きはこちら

Journal Pediatrics, online January 3, 2020.