• ベオーバ錠50mg
  • 高リン血症治療剤 ピートル情報サイト
  • 潰瘍性大腸炎治療剤 レクタブル2mg注腸フォーム14回
  • サビーン点滴静注用500mg
  • KISSEI GALLERY.com
  • リザベン点眼液0.5%

公開日

ヘッドライン

公開本数13本

 

2019.08.08

予定日を超過した妊娠は死産リスク、新生児死亡リスクの増大と関連

妊娠満期(出産予定日)を超過して妊娠が継続している女性では、妊娠37週までに出産する母親より死産および新生児死亡のリスクが増大していることが、最近の研究により示唆された。...続きはこちら

Journal PLoS Med 2019.

 

2019.08.08

肥満、高血糖症を合併すると糖尿病での死産リスクは高い

糖尿病の妊娠女性が肥満や血糖コントロール不良である場合、死産を経験する可能性は増大する可能性があることを、新規の研究は示唆している。...続きはこちら

Journal Diabetologia 2019.

 

2019.08.08

「プレゼンティーイズム」は月経中の女性に負担をかける

月経症状(ひどい月経痛など)があるにもかかわらず無理をして仕事や勉学をする女性は、生産性が月経期間中に下がるため、在宅勤務をするか1日休んで後日成果を取り戻すようにすることでベネフィットを得る可能性があることが大規模調査により示唆されている。...続きはこちら

Journal BMJ Open 2019.

 

2019.07.25

妊娠39週目での選択的誘発分娩は一部の低リスク女性で支持される

出産経験のある低リスク女性では、妊娠39週目で誘発分娩を選択すれば、ベネフィットを得られることが、2件の新規研究で示されている。...続きはこちら

Journal Obstet Gynecol 2019.

 

2019.07.25

妊娠初期のTSHは(生まれた)子の灰白質容積と関連

妊娠中の母体の甲状腺刺激ホルモン(TSH)値は子の9〜12歳時の灰白質容積と逆U字型の関連があることを、新規研究が示している。...続きはこちら

Journal Lancet Diabetes Endocrinol 2019.

 

2019.07.25

溶剤を使う母親の仕事は子供の自閉症リスク上昇と関連

職業上、溶媒に曝露している母親は、このような職業性曝露を有しない母親よりも、自閉症の小児を持つ可能性が高い可能性のあることが、最近の研究から示唆されている。...続きはこちら

Journal Occup Environ Med 2019.

 

2019.07.25

夜間勤務、長時間勤務は流産や早産に関連

夜間勤務や長時間勤務を行う妊娠女性は、昼間の仕事をする母親よりも流産や早産をする可能性が高いかもしれないことが、研究レビューから示唆されている。...続きはこちら

Journal Am J Obstet Gynecol 2019.

 

2019.07.17

中核体温の上昇がホットフラッシュの誘因となる可能性は低い

中核体温のわずかな上昇がホットフラッシュの誘因となる可能性は低いことを、新たな研究結果が示している。...続きはこちら

Journal Menopause 2019.

 

2019.07.17

ループスの女性の妊娠アウトカムは過去20年で改善

全身性エリテマトーデス(SLE)の女性ではループスのない女性に比べ、妊娠リスクが依然として高いが、その妊娠アウトカムは過去20年間で著しく改善したことが、傾向分析から示されている。...続きはこちら

Journal Ann Intern Med 2019.

 

2019.07.10

妊娠中の片頭痛は母親と乳児における合併症と関連

片頭痛を来した妊娠女性は合併症を発症する可能性が高く、その乳児も出生後早期に合併症リスクが増大することが、大規模研究で示唆されている。...続きはこちら

Journal Headache 2019.

 

2019.07.09

子宮頸がんワクチンは現実的な大きな影響を及ぼすことが研究で判明

ほぼ全ての子宮頸がんを引き起こすウイルスに対するワクチン接種は感染症の阻止に大きな影響を及ぼしており、10年以内に同疾患の症例を有意に減少させるはずである、と研究者らはThe Lancet誌6月26日号で述べた。...続きはこちら

Journal Lancet 2019.

 

2019.07.09

男性不妊は母親の妊娠早期のストレスと関連

妊娠早期にストレスの多い生活に耐えていた母親から生まれた男性は、生殖能力に問題を有する割合が大きいことが最近の研究により示唆された。...続きはこちら

Journal Hum Repro 2019.

 

2019.07.09

妊娠第1三半期にCMVに感染すると新生児の難聴リスクが増大

妊娠第1三半期に母親がヒトサイトメガロウイルス(CMV)に初感染すると児の感音難聴(SNHL)リスクが増大する、と研究者らは述べている。...続きはこちら

Journal Pediatrics 2019.