• キッセイ診療サポート 泌尿器
  • キッセイ診療サポート 腎透析
  • ベオーバ錠50mg
  • 高リン血症治療剤 ピートル情報サイト
  • 潰瘍性大腸炎治療剤 レクタブル2mg注腸フォーム14回
  • サビーン点滴静注用500mg
  • KISSEI GALLERY.com
  • リザベン点眼液0.5%

公開日

ヘッドライン

公開本数9本

 

2020.03.24

ジムの新規メンバーの多くが尿失禁を報告しているが、運動療法に関する情報はほとんど得られていない

新たな知見によれば、フィットネスクラブに入会し、尿失禁(UI) を報告する人が多いが、クラブのスタッフから骨盤底筋訓練(PFMT) に関する情報が得られるのはまれである。...続きはこちら

Journal International Journal of Urogynecology, online March 4, 2020.

 

2020.03.24

術後補助化学療法は上部尿路上皮がんの生存を改善する

術後補助化学療法により、上部尿路の局所進行尿路上皮がん(UTUC)患者の無病生存が改善することが、POUT試験から示されている。...続きはこちら

Journal The Lancet, online March 5, 2020

 

2020.03.17

新規モデルにより過活動膀胱患者の早期層別化が可能

複数の因子を組み合わせた新規モデルにより、過活動膀胱(OAB)患者を、疾患経過の早期に低症状群と高症状群に正確かつ非侵襲的に層別化できる。...続きはこちら

Journal Scientific Reports, online February 20, 2020.

 

2020.03.17

MRIガイド下生検と超音波ガイド下生検を組み合わせることで前立腺がんの診断精度が向上

男性2,103人を対象とした新たな研究によると、超音波ガイド下生検と過去のMRIスキャンに基づく生検の2種類の前立腺生検を組み合わせることで、がん診断精度が向上し、過小治療および過剰治療のオッズが低下する可能性がある。...続きはこちら

Journal The New England Journal of Medicine, online March 4, 2020.

 

2020.03.17

前立腺全摘除術は、がんを有する男性の死亡率のベネフィットにばらつきがある

無作為化試験の長期フォローアップによれば、前立腺全摘除術を受けた男性は総死亡率が数十年にわたって低下しているが、前立腺がんを有する男性では経過観察のみの方が良い選択肢である場合もある。...続きはこちら

Journal European Urology, online February 20, 2020.

 

2020.03.03

一部のエビデンスは禁制獲得前の小児における膀胱刺激を支持している

膀胱刺激法は、トイレトレーニングが済んでいない小児の排尿を刺激するのに有効である可能性があるが、どのアプローチが最良であるかを判断するにはデータが十分ではないことが、新たなシステマティックレビューから示されている。...続きはこちら

Journal

 

2020.02.27

尿失禁手術を受けた女性の性機能は改善

腹圧性尿失禁に対する手術は、術後24ヵ月目までの女性の有意な性機能改善と関連していることが、臨床試験2件を対象とした二次解析により示された。...続きはこちら

Journal Obstetrics & Gynecology, February 2020.

 

2020.02.27

テストステロンと疾患の関連性には性差がある:研究報告

性ホルモンであるテストステロンの遺伝的な高値は、女性では糖尿病発症リスクおよび一部のがん発症リスクを増大させ、男性では糖尿病リスクを低減させ、一部のがんリスクを増大させることが、発表された研究により示された。...続きはこちら

Journal Nature Medicine, online February 10, 2020.

 

2020.02.25

1回のPSA検査で長期前立腺がんリスクが明らかになる可能性がある

中年期に測定したベースライン時の前立腺特異抗原(PSA)値は、その後の臨床的に有意な前立腺がん(PCA)リスクと関連していることが、大規模臨床試験の二次解析により示された。...続きはこちら

Journal JAMA Network Open, online January 15, 2020.