• ベオーバ錠50mg
  • 高リン血症治療剤 ピートル情報サイト
  • 潰瘍性大腸炎治療剤 レクタブル2mg注腸フォーム14回
  • サビーン点滴静注用500mg
  • KISSEI GALLERY.com
  • リザベン点眼液0.5%

公開日

ヘッドライン

公開本数14本

 

2019.12.12

MRIガイド下経尿道超音波アブレーションは限局性前立腺がんに対して有望

MRIガイド下経尿道超音波アブレーション(TULSA)は前立腺がんを最小限の副作用で効果的に治療できる、と研究者らはRadiological Society of North America (RSNA)の年次総会で今週報告した。...続きはこちら

Journal RSNA 2019.

 

2019.12.10

リコピン補充は精子の質を改善する可能性がある

トマトに含まれる食品化合物であるリコピンの補充は、健康な被験者を対象とした小規模無作為化比較試験において精子の質を改善した。...続きはこちら

Journal Eur J Nutr 2019.

 

2019.12.10

アビラテロン/prednisone併用は進行前立腺がん患者のQOLに関してエンザルタミドより優れている可能性

遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)の患者では、アビラテロン/prednisone併用がエンザルタミドより良好なQOLをもたらす可能性のあることが、Aquarius観察試験の12ヵ月目の解析から示唆されている。...続きはこちら

Journal Eur Urol 2019.

 

2019.12.10

ドセタキセルは転移を伴う前立腺がん患者の長期生存率を改善

ドセタキセルは、転移を伴うホルモン感受性前立腺がん(mHSPC)患者の長期生存率をその転移の負担にかかわらず改善することをSTAMPEDE trialの結果が示している。...続きはこちら

Journal Ann Oncol 2019.

 

2019.12.09

生殖補助医療により子供を得た男性は前立腺がんリスクが高い

体外受精(IVF)などの生殖補助医療(ART)を使用して父親となった男性は、前立腺がんの発症可能性が高く、スクリーニングからベネフィットを得る可能性があることが、研究から示唆されている。...続きはこちら

Journal BMJ 2019.

 

2019.12.09

合成メッシュを用いた中部尿道スリング手術後は再手術の可能性が低い

腹圧性尿失禁に対して合成メッシュを用いた中部尿道スリング手術を行うと、最長で術後9年間、ごく一部の女性しか再手術を必要としないことが、大規模レトロスペクティブ研究で示されている。...続きはこちら

Journal Obstet Gynecol 2019.

 

2019.12.09

短期間のアンドロゲン抑制は前立腺がんに対する根治的前立腺切除術後のPFSを改善

前立腺がんに対する根治的前立腺切除術後、救済療法として放射線療法に短期間アンドロゲン除去療法の追加は、10年無増悪生存率を改善することが、GETUG-AFU 16第3相試験のフォローアップで示されている。...続きはこちら

Journal Lancet Oncol 2019.

 

2019.12.09

がんの患者およびサバイバーは心疾患による死亡リスクの上昇に直面している

多くのがん患者およびがんサバイバーは、特に、乳がんおよび前立腺がんなどの特定の腫瘍を有する場合、腫瘍よりも、心疾患により死亡することが、米国で実施された研究から示唆されている。...続きはこちら

Journal Eur Heart J 2019.

 

2019.12.03

BRCA2変異を有する男性にはPSAスクリーニングを実施すべきである:研究者発言

BRCA2遺伝子の変異を有する男性は、前立腺がんリスクが高いため、前立腺特異抗原(PSA)スクリーニングを受けるべきである、とIMPACT試験の研究者らが述べている。...続きはこちら

Journal Eur Urol 2019.

 

2019.12.02

段階的戦略により骨盤臓器脱を有する女性の多くが中部尿道スリング手術を回避できる

骨盤臓器脱と腹圧性尿失禁(SUI)を合併している女性向けの段階的戦略は、中部尿道スリング(MUS)手術の必要性を大幅に低減する可能性があることが、レトロスペクティブ研究により示唆された。...続きはこちら

Journal Obstet Gynecol 2019.

 

2019.12.02

行動修正プログラムは尿失禁を改善する可能性がある

尿失禁または便失禁がみられる女性のうち行動修正プログラムに参加した女性は参加しなかった女性に比べて症状が軽減し、QOLが向上する可能性があることが小規模研究により示唆された。...続きはこちら

Journal Obstet Gynecol 2019.

 

2019.12.02

BRCA変異のある男性は前立腺がんのリスクが高いことが研究で確認

BRCA1またはBRCA2の変異を保因する男性は前立腺がん(PC)のリスクが高いことが新規プロスペクティブ研究で確認されている。...続きはこちら

Journal Eur Urol 2019.

 

2019.12.02

混合性尿失禁において行動療法をスリング手術に追加してもベネフィットはほとんど得られない

混合性尿失禁(UI)の女性において周術期の行動療法および骨盤底筋療法を中部尿道スリング手術と併用しても、スリング手術単独の場合よりも、UI症状の臨床的意義のある改善につながらないことが、ESTEEM無作為化試験から示された。...続きはこちら

Journal JAMA 2019.

 

2019.12.02

前立腺がん生検で得られた情報を組み込むことで組織学的異型度分類精度が向上する可能性がある

生検から得ることのできる2つの病理学的特性を組み込むことで、前立腺がんを有する男性のアウトカム予測精度が向上し、治療法選択の指針となる可能性があることが新規原理実証研究により示された。...続きはこちら

Journal Eur Urol 2019.